転職

機械系エンジニアの転職で20代が意識すべきことはキャリアプラン【理由を解説】

20代の機械系エンジニアの転職

 

今の会社でこのまま働いていていいのかな~。将来考えたら転職したほうがいいのかな? これからの自分のキャリアをどう考えたらいいのかな?
そんな疑問にお答えします。
うりのすけ

20代で転職を考える方は、初めての転職という方が多くどう進めていいか分からない人も多いと思います。

私は現在、現役の機械系エンジニアとして働いており、今までのキャリアで2度の転職をしてきました。その経験から20代の転職で意識すべきことをお話していきたいと思います。

この記事を読めば、機械系エンジニアとしてどういうキャリアプランを描いていけばいいのか理解できるはずです。

本記事の内容

  • 20代の機械系エンジニアのキャリアプランについて
  • 20代の機械系エンジニアの転職活動について


本記事の信頼性

私は新卒でエンジニア派遣会社に就職し、2度の転職を経て現在の大手メーカーに転職しました。

2度の転職で派遣会社から大手メーカー正社員というステップアップ+年収アップ(400万⇒600万)を達成しております。



機械系エンジニアの転職で20代が意識すべきことはキャリアプラン

機械系エンジニアの転職で20代が意識すべきことはキャリアプラン

20代の機械系エンジニアが転職で意識すべきことはキャリアプランです。

機械系エンジニアは分野、職種によって必要な知識が大きく変わってきます。20代の内にある程度、自分の進む道を決めていく必要があります。

機械系エンジニアの職種について考える

機械系エンジニアの職種について考える

機械系エンジニアといっても職種は様々です。

  • 機械設計
  • 実験評価
  • 品質保証
  • 生産技術


上記の中で目指すべき職種は機械設計です。機械設計は常に需要が高く、仮に次の転職を考えた時に未経験の分野にも対応しやすいです。

また、近い将来AIが進化してきてもデザインや機能と耐久性、全てを見極める機械設計は対応が難しいと考えられます。

機械系エンジニアの分野について考える

機械系エンジニアの分野について考える

機械系エンジニアの分野についてもさまざまです。

  • 自動車
  • 家電
  • 精密機器
  • 工作機械


分野の選び方のポイントは今後、伸びていく分野かどうかです。

仮に30年後、自分の専門分野が世の中からなくなったとして50代から未経験の分野にチャレンジ ! なんて難しいですよね。

未来を予測するのは難しいですが、自動車業界であれば、電気自動車や自動運転などこれから伸びていく分野を選ぶべきです。

転職は本当に必要?

転職は本当に必要?

転職を決める前に一度立ち止まって本当に必要か考えましょう。

  • 今の会社の製品に将来性あるか
  • 今後の製品開発に将来性はあるか
  • 今の会社で今後に活きるスキルは学べないか


上記を考えて、転職すべきと判断できるなら転職活動を始めましょう。

20代の機械系エンジニアが転職するなら早い方がいい

20代の機械系エンジニアが転職するなら早い方がいい

機械系のエンジニアは分野により必要な知識が大きく変わります。

そのため、機械系のエンジニアとして生きていくのであれば20代の内に自分の専門分野を決める必要があります。機械設計などは、まだチャンスがありますが30代から未経験の分野に転職というのは難しいです。

将来を考えて転職をするなら、転職は早いほうがいいです。

機械系エンジニアはスキル習得に時間がかかる

機械系エンジニアはスキル習得に時間がかかる

機械系のエンジニアはスキルの習得に時間がかかります。

分野により必要な知識が大きく変わります。使う材料も違えば、製造方法も全く違います。使われ方についても理解する必要があります。

また、必要なスキルも職種により変わってきます。機械設計であれば図面を書く共通ツールがありますが、その他の職種については測定機器など様々で分野によっても必要な物が変わってきます。

それらのスキルを全て習得するにはどうしても時間がかかります。

機械系エンジニアの転職活動で20代が意識すべきこと

20代の機械系エンジニアの転職活動で意識すべきこと

転職を決意し転職活動を始める上で意識すべきことは下記です。

  • 機械系エンジニアとしての今後のキャリアを考える
  • 機械系エンジニアとしてスキルアップできる転職先を選ぼう
  • 得られるスキルは次の転職でも使える?


順番に説明していきます。

機械系エンジニアとしての今後のキャリアを考える

機械系エンジニアとしての今後のキャリアを考える

まずは、機械系エンジニアとしての今後のキャリアを考えましょう。

先ほど職種、分野について紹介しました。これからの将来を考えて、どの職種を選ぶのか、どの分野で生きていくのかをしっかり考えましょう

選ぶ時のポイントは、次に転職するときに今よりも転職しやすくなるか、年収が上がりそうかを意識すると良いと思います。

機械系エンジニアとしてスキルアップできる転職先を選ぼう

機械系エンジニアとしてスキルアップできる転職先を選ぼう

20代で転職する最大の理由は、スキルアップです。

今の仕事でスキルアップが見込めるなら転職する必要はありません。他の職業でも同じことかと思いますが、しっかりとスキルを身に着けられる会社を選びましょう。

次の会社で年収アップが出来れば一番ですが、20代であればスキルアップしてさらに次の転職での年収アップを狙うという方法もあります。

得られるスキルは次の転職でも使える?

得られるスキルは次の転職でも使える?

20代はスキルを習得して磨いていく時期です。

しかし、そのスキルが衰退していくような技術であれば意味がありません。これから伸びていく技術で必須となるスキルを身に着けていく必要があります。

次に転職を考えた時に有利になるスキルが得られる会社を選びましょう。

20代の機械系エンジニアの転職はキャリアプランが大事

20代の機械系エンジニアの転職はキャリアプランが大事

20代の機械系エンジニアの転職は今後のキャリアプランを考えることが重要です。意識すべきことは下記です。

  • 需要の高い職種を選ぶ(おすすめは機械設計)
  • 今後伸びていく分野を選ぶ
  • 伸びていく分野で必要なスキルを学ぶ


機械系エンジニアに限ったことではないですが、日本の転職市場では年齢が一番の武器です。20代であれば、未経験の職種、分野にもチャレンジできます。。しかし、年齢を重ねるほどに選択肢は限られていきます。

 

現状を考えて転職が必要と判断したならば行動を開始しましょう。

 

もし、本記事を読んで転職したいと思った方は、こちらの記事をご覧になって下さい。

 

↓↓↓その他の転職、副業記事はこちらから↓↓↓

転職、副業記事一覧

♪♪♪他にもあるよ♪♪♪

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うりのすけ

新卒⇒派遣社員として就職⇒正社員に転職⇒2度目の転職で大手自動車メーカーに転職 機械系エンジニアをやっていて、Webライター×ブログで月10万円稼ぐことを目標に絶賛活動中。 ブログ運営×副業×転職をメインに気ままにブログ更新中

-転職
-, ,

Copyright© 副LoG:FukuLoG , 2020 All Rights Reserved.